入れ歯・ブリッジ

磁性アタッチメント

磁性アタッチメントとは入れ歯の下にご自分の歯を下敷きにして、その部分に磁石を使用しその磁力で入れ歯を維持する装置です。また応用としてインプラントの上部にこの装置を使用し、入れ歯の維持として使用することも可能です。

適用条件として、ご自分の歯を使用する場合は根の治療がしてあり神経がないことが条件になります。

又、磁力だけでの維持が困難な場合は一部歯にひっかけるバネ(クラスプ)が必要になることもあります。

ページトップ

症例サンプル

*上顎の両側犬歯2本のみ残存しておりそこに磁性アタッチメントを応用した総入れ歯タイプのケースです。

*下顎の部分入れ歯に磁性アタッチメントを応用したケースです。歯に引っ掛けるバネを使用していません。

*上顎の部分入れ歯に磁性アタッチメントを応用したケースです。

*上顎の総入れ歯に磁性アタッチメントを応用したケースです。

ページトップ

バルブラスト・ノンクラスプ義歯

部分入れ歯には基本的に金属のばねがあり残っている歯にそのばねをかけることにより入れ歯を維持し、安定させる効果があります。しかしこの金属のばねが前歯付近にかかると見た目が悪くいかにも入れ歯を入れていますというようなイメージがあります。

そこで最近海外から輸入されているポリアミドナイロン樹脂という素材を使用したバルブラストという入れ歯があります。この入れ歯は軽く、柔軟性がありばねとなる金属を使用しません。そのため見た目もよく金属アレルギーの心配もありません。

  通常入れ歯

通常の保険の入れ歯です。
歯にかける金具が見えます。

  バルブラスト・ノンクラスプ義歯

金具を使用せず入れ歯のピンクの部分がそのまま歯に引っ掛けることにより入れ歯の維持が可能になります。
柔らかく弾力性があります。

ページトップ

歯を失ってしまったら・・・

欠損補綴とは失ってしまった歯を人工的に補う処置をいいます。大きく分けて3種類あり、ブリッジ、義歯、インプラントがあります。インプラントと義歯の詳細はそれぞれのページを参考にしてください。ここではブリッジに関して記したいと思います。

ブリッジとはその名のとおり、川にかかる橋のイメージです。失った歯の部分をその両脇の歯から繋げて被せることにより、欠損部位をダミーにより補う方法です。ただしブリッジにもその欠損本数や、部位によって適応可能かどうかがあります。

例えば、極端な話をすると、10本失っている場所に両脇2本の歯で支える、というようなことはできません。橋のイメージと一緒ですから、川幅の広い所に両脇2箇所の橋梁だけでは橋が落下して渡れなくなってしまいます。このような場合は中間に歯が残っていればそこも支えのひとつとして利用することにより、ブリッジが可能になることもあります。又、支えとなる歯の状態によっても可否があります。グラグラと揺れているような歯にはブリッジの適応は望めません。失ってしまった部分を周りの歯で支えるわけですから、それなりにしっかりとした歯でないと支えきれなくなってしまいます。

ページトップ

ブリッジの利点欠点

  ブリッジの利点

入れ歯のように取り外す必要がなく、一度接着剤でくっつけるとそのままご自分の歯のように使用できる点です。違和感もほとんどなく快適に使用できます。

  ブリッジの欠点

繋げて被せるため清掃が難しくなり歯槽膿漏等を引き起こしやすくなる点、又、土台となる歯を削らなければならない点、そして欠損している部分を補うためにその土台となる歯はほかの歯に比べて過剰な負担を強いられる点です。大きいブリッジになれば更にそのこれらのリスクは高くなってしまいます。

このような背景から、1本でも失わないよう日ごろから歯を大事にしなければならないと思います。

ページトップ

ブリッジサンプル

クリックすると大きなサイズでご覧いただけます。

ページトップ
お問い合わせ
ブログ ~医師のひとり言~