顎関節症

顎関節症とは

顎関節症とは口を開けたり、閉じたりするための関節に痛みを生じたり、口を開閉するときに音がなったり、口を開けられなくなったり、等の症状を総称した疾患名です。

そのまま放置をしているとほとんど口が開かなくなってしまったり、痛みが続いてしまうことがあり、症状が重く、長く放置した症例ほど治療が難しくなってしまいます。尚、当院ではマウスピースによる治療を主に行っており、症状によりその形態を変えて治療を行っております

ページトップ

症状

1. 筋肉痛

口を開けたり閉じたりするための筋肉が、疲労し筋肉痛を引き起こします

2. クリック音

顎の関節は耳の前方部にあり、可動する下の顎の骨と、上の顎の骨の間には関節円盤という軟骨が存在します。正常な場合、この軟骨は口を開けたり閉じたりする際に、一緒に可動します。

しかし、噛み合わせの異常や、外傷、歯軋り、食いしばり等により関節円盤の動きに異常が生じると、関節の動きと、関節円盤の動きが同調しなくなり、ズレが生じます。このズレによって関節円盤がこすれることにより「カコッ」という音が生じます。 

これをクリック音といい、何年も放置していると関節円盤が変形し、口が開けずらくなったり、ほぼ開かなくなってしまったり、といった症状が起きることもあります。

関節部の拡大図

3. クローズドロック

上記の関節円盤が下の顎の顆頭の動きを阻害し、引っかかってしまい口が開かなくなってしまう状態をクローズドロックといいます。

ページトップ

原因

顎関節症の原因には様々なものがあり、主なものとして

 1  歯軋り

 2  くいしばり

 3  外傷

 4  噛み合わせの不調和

 5  頬杖をつく

 6  歯科治療を途中で止めてしまう
 (抜歯したままや、被せ物を入れずに放置するとかみ合わせの不調和が起こります)

等があります。

治療法

当歯科医院では、マウスピースによる治療を主に行っており、症状によりその形態を修正しながら治療を行っております。また、顎関節症が何の原因により誘発されているか、によって生活改善や食事指導、噛み合わせの治療等を行い顎関節症の治療を行っていきます。

ただし、全体的な矯正を行わなければならないケース、およびマウスピースではなく外科的な処置を行わなければならないケース、に関しては矯正専門医等にご紹介させていただく場合もあります。

ページトップ
お問い合わせ
ブログ ~医師のひとり言~