歯の根の治療(根管治療)

歯の根の治療のことを根管治療といい、大きく分けて、抜髄処置(歯の神経処置)と、感染根管処置に分けられます。実際の治療では、全く同じことをしているように見えますが、実はターゲットとなる部分と治療目的が異なります。

根管治療の大まかな流れ

ページトップ

抜髄処置

歯の中には神経や血管が入っており(歯の構造参照)、しみる、痛い、といった知覚を司る部分があります。この部位を歯髄といい、歯髄まで虫歯が到達(虫歯分離のC3に該当)すると激烈な痛みを生じます。(痛みをほとんど伴わない場合もあり)こうなってしまうと歯髄を除去しなければならず、この処置を歯髄を抜く処置、抜髄処置といいます。

具体的な処置の流れは、麻酔後、虫歯の部分を除去し、歯の噛む面から穴を開け、針のような専用の器具(リーマーファイル)を使用し、歯髄をこそぎとるように除去、同日に消毒の薬を入れ、1回目の処置は終了。2回目の来院時に特に症状がなければ、歯髄が入っていたトンネル(根管)に防腐剤のような無機物を詰め(根管充填)、根管治療は終了です。この後土台を作成し、最終的な被せ物をして終了となります。

治療の流れ

ページトップ

感染根管処置

抜髄しなければならないような、大きな虫歯を放置したり、抜髄処置を最後まで治療をせず放置すると、根尖に感染症が生じ、このような状態の根を感染根管といいます。

正常な根管は本来無菌状態ですが、虫歯の放置等により、根管内が細菌に感染し、根尖から感染物質が広がり、根尖外で病巣を作ります。基本的に慢性と急性があり、慢性は噛むと何か違和感がある、または浮いてる感じがする、といった症状。急性はかなりの痛みを伴います。治療は、根管内の汚染物質をリーマーにより除去、薬剤により根尖の病巣を沈静、治癒させます。

このように、抜髄処置と感染根管処置は全く同じ作業のように見えるのですが、あくまでも抜髄のターゲットは歯髄であり、感染根管処置のターゲットは根の先です。又治療期間も、抜髄では神経さえ除去してしまえば済むので、あまり時間がかかりませんが、感染根管処置の場合、感染源の除去、および根尖の消炎が必要となるため、治療期間が長期化する場合もあります。

根尖病巣

感染根管
赤丸部分に濃淡の異なる像が確認できる(根尖病巣)
感染根管

根尖病巣が歯肉の外に膿の出口を作った状態(フィステル)

排膿路が確保されているため痛みが生じることは少ないが慢性的な炎症を起こしている

ページトップ
お問い合わせ
ブログ ~医師のひとり言~