当院の小児歯科の特徴

当院の小児歯科の特徴

乳歯からしっかりケアを

乳歯からしっかりケアを「乳歯は生え変わるから、むし歯になっても大丈夫」というのは真っ赤なウソです。乳歯と乳歯の間がむし歯になれば、歯と歯の距離が縮まります。その結果、歯並びが悪くなって永久歯の生えるスペースが不足してしまいます。

また、むし歯を放置して、歯の根元に影響が出るほど進行してしまうと、その下で成長しつつある永久歯がきちんと育たなくなり、奇形歯になることもあるのです。さらに、むし歯になると自然とその歯で咬むことを避けたり、柔らかいものばかりを好むこともあります。一方の歯だけで咬むようになると、顎の成長にも影響が出るケースも珍しくありません。そのため、乳歯のうちからきちんとしたケアが必要です。

小児歯科の治療

小児歯科の治療当院の小児歯科では、むし歯の予防処置はもちろん、むし歯になった場合もレーザーとフッ素を応用して進行を抑制します。歯の状態によっては詰め物や根の治療が必要になることもあります。

ただ、むし歯にならないような環境を整えない限りは、治療してもまた同じようにむし歯になってしまうでしょう。そのため、治療と並行してむし歯を招く生活環境(歯みがきの回数や仕上げみがきの方法など)、食生活(おやつの時間、おやつの種類、量など)、家族構成(祖父母と同居の場合は、お孫さんにやたらとお菓子を与えてしまうことが多い傾向にあります)などを考慮し、改善のためのアドバイスを行います。

歯科医院を「思わず行きたくなる場所」に

歯科医院を「思わず行きたくなる場所」に小児歯科にとって一番大事なのは、お子様が歯科医院を嫌いになるようなトラウマを植え付けることなく、楽しくて思わず行きたくなる場所にすることだと思っております。そのため、まずはお子様とコミュニケーションを図れるようになることを重視し、基本的には無理に治療を行うことはありません。

中には、保護者の方とご相談の上、来院しても治療はせずにドクターやスタッフと遊ぶだけ、ということを何度か繰り返し、歯科医院に慣れてきた頃に治療を始めるという場合もあります。お子様に「先生、また来るね」 と笑顔で言われるようになることが目標です。

仙台市の東京歯科 基本情報

医院名 東京歯科
住所 〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央4丁目1−3
TEL 022-266-1510
022-266-1510 メール 問診票 ダウンロード
一番上に戻る
東京歯科ブログ求人情報

 

Hatena Blog