歯を失ったときは

歯を失った状態を放置しておくと危険です

歯を失った状態を放置しておくリスク人間の歯(永久歯)は上下に28本、親知らず4本を含めて全部で32本です。それぞれの歯がバランス良く咬み合い、さらに舌や顎関節、筋肉などがきちんと働くことで、お口と身体の健康が維持されています。これが1本でも欠けてしまうと、全身へ悪影響を及ぼすことをご存知でしょうか。

大臼歯と呼ばれる奥歯がない状態を放置していると、その隙間を埋めようとして隣の歯が傾き始めたり、咬み合っていた歯が伸びてきたりします。こうして咬み合わせがズレると、他の歯にも大きな負荷がかかります。ダメージを受けた歯は咬む力や食いしばる力を失い、「硬い物が噛めない」「全身に力が入らない」といった事態を招きます。

さらに、歯を失って咀嚼がうまくできないと、胃腸への負担が増し、消化不良を引き起こします。咬むことは脳への刺激や血流にもかかわるため、咬めなくなることで思考能力や集中力が低下します。また、歯を失うことはアルツハイマーの原因のひとつともいわれています。

むし歯や歯周病、事故などが原因で歯を失った後、「1本くらいなくても支障はないだろう」とそのまま放置しているケースは珍しくありません。しかし、歯を失った状態で過ごすと、先に挙げたようなさまざまなリスクがあるのです。きちんと治療すれば、将来の健康を守ることにつながります。歯を失ってしまった場合はお早めにご来院ください。

歯を失った状態にはこんなリスクがあります
  • 歯の咬み合わせが悪くなり、歯並びに影響が出る
  • 歯を支えていた顎の骨が痩せる
  • 食べ物をしっかりと咬めなくなり、消化器官に負担がかかる
  • 正しい発音がしにくくなる
  • 顔の左右のバランスが乱れて輪郭が変化する
  • 顔や首のシワやたるみが増える
  • 思考能力や集中力が低下する

治療法の比較(インプラント・入れ歯・ブリッジ)

インプラント

インプラント

メリット

見た目が美しく、他の歯に負担がかからない。

デメリット

手術しなければならないため、他の治療法よりも費用と治療期間がかかる。

ブリッジ

ブリッジ

メリット

入れ歯のように取り外す必要がなく、一度くっつけると自分の歯のように使用できる。違和感もほとんどない。

デメリット

構造上、キレイに保つのが難しく、歯槽膿漏などになりやすい。土台となる歯を削らなければならず、過剰な負担を強いられる。

義歯(入れ歯)

入れ歯

メリット

比較的短期間での治療が可能で費用が安い。

デメリット

咬み心地や装着時の違和感が出ることもあり、見た目があまり良くない。

022-266-1510 メール 問診票 ダウンロード
一番上に戻る
東京歯科ブログ求人情報