入れ歯

即日対応、精度の高い入れ歯治療

当院の入れ歯治療の特徴当院は、仮歯の製作から入れ歯の補修まで即日対応しております。

歯科技工士が患者様の歯の色や噛み合わせなどを直接確認しながら、ドクターと相談しながら製作するため、患者様のご希望に合った精度の高い入れ歯を作り上げることができます。また、患者様のリクエストにできるだけ応えるため、金属アレルギーの心配がないメタルフリー素材、審美性にこだわった素材、熱伝導率が良く食事を楽しめる素材など、さまざまなタイプを取り揃えております。入れ歯を作りたい方や入れ歯のお悩みのある方はぜひお気軽にご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い入れ歯には、保険診療と自費診療の2種類あります。それぞれにメリットやデメリットがありますが、おすすめなのは自費診療の入れ歯です。自費診療は、さまざまな選択肢の中から患者様のご希望に沿って入れ歯を作るため、装着時の痛みや違和感が抑えられます。「入れ歯は目立つので嫌だ」という方も、自費診療であればできるだけ自然な見た目の入れ歯が作れます。

保険診療は床の素材がレジン(歯科用プラスチック)のみとなりますが、自費診療は、熱伝導率がレジンに比べて高くて食事をより楽しめる金属製、バネのないシリコン製なども使えます。また、レジンはどうしても分厚くなることから、口の中が狭くなり違和感がありますが、金属の素材は薄くて快適な使用感です。

入れ歯が合わずにお悩みの方

現在、お使いの入れ歯に違和感や痛みなどがあったり、故障してしまったという方は当院までご相談ください。

他の医院で作ったものでも構いません。ご来院当日のうちに今まで通り咬めるようになる処置を目指しています。ご希望の方はお電話にてご予約をお取りください。

入れ歯の種類

磁性アタッチメント

磁性アタッチメントご自身の歯を入れ歯の下敷きにして、磁石を使用して入れ歯を維持する装置です。インプラントの上部に使用することもできます。

ご自身の歯を使用できるのは、根の治療済みで神経がない場合です。磁力だけで維持することが難しい場合は歯にひっかけるバネ(クラスプ)が必要になります。

バルブラスト・ノンクラスプ義歯

バルブラスト・ノンクラスプ義歯部分入れ歯の維持や安定には、残っている歯に金属のバネをかけることが必要です。ただ、この金属のバネが前歯付近にかかってしまうと、見た目が悪いと感じる方が多いようです。

そんなお悩みを解消するのが、ポリアミドナイロン樹脂という素材を使用した、軽くて柔らかいバルブラスト・ノンスクラプ義歯です。金属のバネを使用しないので、見た目に気にならないことに加えて金属アレルギーの心配もありません。

歯を失った状態を放置しておくと危険です

歯を失った状態を放置しておくリスク人間の歯(永久歯)は上下に28本、親知らず4本を含めて全部で32本です。それぞれの歯がバランス良く咬み合い、さらに舌や顎関節、筋肉などがきちんと働くことで、お口と身体の健康が維持されています。これが1本でも欠けてしまうと、全身へ悪影響を及ぼすことをご存知でしょうか。

大臼歯と呼ばれる奥歯がない状態を放置していると、その隙間を埋めようとして隣の歯が傾き始めたり、咬み合っていた歯が伸びてきたりします。こうして咬み合わせがズレると、他の歯にも大きな負荷がかかります。ダメージを受けた歯は咬む力や食いしばる力を失い、「硬い物が噛めない」「全身に力が入らない」といった事態を招きます。

さらに、歯を失って咀嚼がうまくできないと、胃腸への負担が増し、消化不良を引き起こします。咬むことは脳への刺激や血流にもかかわるため、咬めなくなることで思考能力や集中力が低下します。また、歯を失うことはアルツハイマーの原因のひとつともいわれています。

むし歯や歯周病、事故などが原因で歯を失った後、「1本くらいなくても支障はないだろう」とそのまま放置しているケースは珍しくありません。しかし、歯を失った状態で過ごすと、先に挙げたようなさまざまなリスクがあるのです。きちんと治療すれば、将来の健康を守ることにつながります。歯を失ってしまった場合はお早めにご来院ください。

歯を失った状態にはこんなリスクがあります
  • 歯の咬み合わせが悪くなり、歯並びに影響が出る
  • 歯を支えていた顎の骨が痩せる
  • 食べ物をしっかりと咬めなくなり、消化器官に負担がかかる
  • 正しい発音がしにくくなる
  • 顔の左右のバランスが乱れて輪郭が変化する
  • 顔や首のシワやたるみが増える
  • 思考能力や集中力が低下する

治療法の比較(インプラント・入れ歯・ブリッジ)

インプラント

インプラント

メリット

見た目が美しく、他の歯に負担がかからない。

デメリット

手術しなければならないため、他の治療法よりも費用と治療期間がかかる。

ブリッジ

ブリッジ

メリット

入れ歯のように取り外す必要がなく、一度くっつけると自分の歯のように使用できる。違和感もほとんどない。

デメリット

構造上、キレイに保つのが難しく、歯槽膿漏などになりやすい。土台となる歯を削らなければならず、過剰な負担を強いられる。

義歯(入れ歯)

入れ歯

メリット

比較的短期間での治療が可能で費用が安い。

デメリット

咬み心地や装着時の違和感が出ることもあり、見た目があまり良くない。

022-266-1510 メール 問診票 ダウンロード
一番上に戻る
東京歯科ブログ求人情報