むし歯治療・小児歯科

むし歯になったら悪化する前に治療を

当院では、歯をなるべく削らずにキープしていくための予防歯科に力を入れています。

むし歯になった歯は、削らなければならないこともありますが、そうするとどんどん弱くなってしまいます。 それを防ぐためには、むし歯予防につながる定期検診を欠かさないことが大切です。定期検診では、むし歯予防の指導を受けられる他、むし歯の早期発見・早期治療も可能になります。むし歯が悪化してから治療をするのではなく、定期検診で悪化する前に発見するのが理想です。

なるべく痛くない治療への取り組み

レーザー治療

レーザー治療は、痛みの少ない治療法として知られ、むし歯や歯周病の治療、口内炎や知覚過敏などの症状緩和、詰め物・被せ物を入れる前などに有効活用されています。

レーザーをほんの一瞬照射し、水分を蒸発させてからむし歯の感染部分を取り除くことで、痛みを最小限に抑えています。また、かつては感染部分の周囲の健康な歯質まで削る必要があり、そのために痛みを感じることがありましたが、レーザーの場合は削る必要のない部分には触れることなく治療可能です。痛みに敏感な方でも安心して治療を受けていただけます。

 

表面麻酔

表面麻酔治療前の麻酔注射の痛みが苦手だという患者様は多いものです。しかし、麻酔注射の前の表面麻酔を行うことで、痛みや恐怖心を取り除くことにつながります。

極細の針(33G)

極細の針(33G)当院では、現在発売されている注射針の中で最も細い針(33G)を使用しています。注射の針は細ければ細いほど、刺す際の痛みが小さくなりますが、その一方で注射液を流す際の痛みが出やすくなります。そのため、表面麻酔をした上で、注射液を流す際の痛みの原因となる圧を加えないように細心の注意を払います。

歯は削ると元に戻りません

経過観察の徹底

経過観察の徹底むし歯の約70%は二次むし歯です。これは一度治療をした詰め物や被せ物の隙間から始まる二次的なむし歯で、治療を繰り返すと歯の寿命が短くなり、結果として歯を失うこともあります。

それを防ぐためには、できるだけ歯を削らずに経過観察を行うことが大切です。初期段階のむし歯は削らずに経過観察を続けるケースもありますが、強い痛みが出るようなむし歯は神経の治療や削ることが必要となります。歯を削らなくてもいいように、口内環境をキレイに保ち、定期検診を受けるなどの対策をとりましょう。

5倍速エンジン

5倍速エンジンどうしても削らなければならないむし歯の治療には、一般のコントラアングルよりも5倍の速度でむし歯を削ることができるタイプを使用します。そうすることで、歯を削る際に生じるブレや歯を削る量が少なくて済みます。

拡大鏡

拡大鏡肉眼と比べて約6倍に視野を拡大できる歯科拡大鏡は、患部をより鮮明に、くっきりと映し出します。歯の中の健康な部分とそうでない部分をしっかりと見分けられるので、歯を不要に削ってしまうことを防ぎます。

う蝕検知液

う蝕検知液むし歯が進むと黒色や茶色になると思っている方は多いですが、実は色だけでは判断できません。着色していても健康な歯もあれば、白いのにむし歯だったというケースもあります。

そこで役立つのがう蝕検知液です。むし歯をきちんと特定するためにむし歯のみを赤く染め出します。むし歯を除去する際に、う蝕検知液で染め出された赤を目印にして進めていくことで、むし歯の取り残しはもちろん、健全な部分まで削ることを防ぎます。

MIバー

MIバー歯を削るドリルにはさまざまなタイプがあり、小さいものほど細かい作業ができます。当院では、MIバー(MIという考え方から生まれた極小のドリル)を使用し、削る歯の量をなるべく少なく済むようにしています。

歯を残すために出来ること

ファイバーコア

ファイバーコアむし歯による歯の損傷が大きく、歯の根がなくなってしまった場合、被せ物(クラウン)を装着できないケースがあります。しかし、この場合でも「コア」という土台を歯の根に立てれば被せ物を装着することが可能です。

当院ではファイバーコアという、歯科用プラスチック(レジン)の土台をグラスファイバー製のピンで補強したものを使用しています。天然歯のようなしなやかさで、歯根を傷つけにくく、歯根破折予防になります。歯の大部分が崩れている場合にも有効です。

CT

デジタルレントゲンCTかつてのレントゲン検査では、病気を発見できないまま見過ごしてしまうというケースもよくありました。レントゲンは二次元の画像しか撮影できないので、歯の形状や長さが正確に把握できません。その上、映すことのできない箇所も出てくるため、状態をはっきりと確認することが難しいのです。

当院の歯科用CTは高精度で3次元的な診断が可能です。歯の形状や長さはもちろん、レントゲンでは見逃しやすい神経や歯根周辺の病気、そして骨が溶けているかどうかまでわかります。

根管治療

根管治療むし歯になっても根管治療で保存することで、元の歯と同じような咬む力をキープできます。しかし、根管治療後の経過次第では、被せた冠や義歯とともに歯が機能しなくなってしまうこともあるのです。

直経 1mm 以下と非常に細い根管は、硬い部分や曲がっている部分もあり、ここに器具を完全に通過させて形態を整える際には高度なテクニックが必要です。加えて、根管治療を成功させるためには、痛みや歯肉の腫れ、歯の外観をしっかりと確認し、X線写真や感染の状態の診査などを行うなど徹底的な検査がカギとなります。

歯を抜かないことによるメリットやデメリットをご説明

どんな状態でも絶対に歯を抜かない方が良いというわけではなく、中には歯を残すことでかえってリスクが高まる場合もあります。

歯根破折や骨吸収がある場合は骨がなくなってしまうため、歯を残すよりも早めに抜歯した方がメリットがあるケースもみられます。ただ、最終的に決めるのは患者様ですので、抜歯した場合としない場合のメリット・デメリットの両方を伝えた上で、ご自身の歯をどうするかを判断していただきます。

むし歯から子供を守るために

むし歯になったら悪化する前に治療を保護者の中には、お子様の乳歯がむし歯になっても「どうせ生え替わるから」と楽観的に考える方もいらっしゃいます。しかし、乳歯のむし歯は、永久歯のむし歯や歯並びに悪影響を与えるため、しっかりとしたケアが必要です。ご家庭では、仕上げみがきなどのホームケアと、むし歯になりにくい食事やおやつのとり方を徹底しましょう。

当院では大切なお子様の歯を守るため、フッ素塗布や歯みがき指導、むし歯にならないための生活習慣のアドバイスを行っています。お子様の歯のケアに迷った時はお気軽にご相談ください。

当院の小児歯科の特徴

乳歯からしっかりケアを

乳歯からしっかりケアを「乳歯は生え変わるから、むし歯になっても大丈夫」というのは真っ赤なウソです。乳歯と乳歯の間がむし歯になれば、歯と歯の距離が縮まります。その結果、歯並びが悪くなって永久歯の生えるスペースが不足してしまいます。

また、むし歯を放置して、歯の根元に影響が出るほど進行してしまうと、その下で成長しつつある永久歯がきちんと育たなくなり、奇形歯になることもあるのです。さらに、むし歯になると自然とその歯で咬むことを避けたり、柔らかいものばかりを好むこともあります。一方の歯だけで咬むようになると、顎の成長にも影響が出るケースも珍しくありません。そのため、乳歯のうちからきちんとしたケアが必要です。

小児歯科の治療

小児歯科の治療当院の小児歯科では、むし歯の予防処置はもちろん、むし歯になった場合もレーザーとフッ素を応用して進行を抑制します。歯の状態によっては詰め物や根の治療が必要になることもあります。

ただ、むし歯にならないような環境を整えない限りは、治療してもまた同じようにむし歯になってしまうでしょう。そのため、治療と並行してむし歯を招く生活環境(歯みがきの回数や仕上げみがきの方法など)、食生活(おやつの時間、おやつの種類、量など)、家族構成(祖父母と同居の場合は、お孫さんにやたらとお菓子を与えてしまうことが多い傾向にあります)などを考慮し、改善のためのアドバイスを行います。

歯科医院を「思わず行きたくなる場所」に

歯科医院を「思わず行きたくなる場所」に小児歯科にとって一番大事なのは、お子様が歯科医院を嫌いになるようなトラウマを植え付けることなく、楽しくて思わず行きたくなる場所にすることだと思っております。そのため、まずはお子様とコミュニケーションを図れるようになることを重視し、基本的には無理に治療を行うことはありません。

中には、保護者の方とご相談の上、来院しても治療はせずにドクターやスタッフと遊ぶだけ、ということを何度か繰り返し、歯科医院に慣れてきた頃に治療を始めるという場合もあります。お子様に「先生、また来るね」 と笑顔で言われるようになることが目標です。

妊婦さんの歯のケア

マタニティー歯科マタニティー歯科では、妊娠中からお母さんや赤ちゃんの歯の健康を守っていきます。妊娠後、赤ちゃんはお母さんのお腹の中ですくすくと育ち、歯もできていきます。

妊娠2カ月頃、赤ちゃんには歯の芽(歯胚)ができ、そして4~6ヵ月頃には石灰化が始まってエナメル質ができていきます。この時期のお母さんは、栄養のバランスを注意することはもちろん、乳酸カルシウム(乳製品、豆類)、リン酸カルシウム(魚・骨)などを脂肪分と合わせて摂りましょう。カルシウムの吸収には豆、こんぶ類や牛乳がおすすめです。また、軽い日光浴や適当な運動は栄養の吸収を促進しますので、無理のない範囲で行ってください。

妊娠中は、つわりなどの影響でしっかりと歯みがきができないこともあります。しかし、そうなってしまうとエナメル質が酸脱灰してむし歯になったり、妊娠性歯肉炎や歯肉工プーリスにかかりやすくなります。また、歯肉炎の歯による毒素は流産の原因になるとされています。できるだけお口の中は清潔にし、体調が良い時には歯科検診を受けましょう。

睡眠時無呼吸症候群でお悩みの方

就寝中に気道の閉鎖や舌の咽頭への沈下が原因で呼吸が停止する病気を、睡眠時無呼吸症候群といいます。7時間あたりの睡眠中に10秒以上の呼吸停止が30回以上起こる、または1時間あたりの睡眠中に呼吸停止や低呼吸数が5回以上起こる場合はこれに当てはまります。

主な症状は、起床時の頭痛、倦怠感、昼間の異常な眠気などです。会議や運転中などの寝てはいけないタイミングで寝てしまうこともあり、日常生活に支障が出ているケースも珍しくありません。

治療は耳鼻咽喉科や呼吸器科で行います。ただ、呼吸器科などで検査を行い、原因が舌の咽頭への沈下であった場合は歯科でもスリープスプリントという治療が可能です。口内に装着する、スリープスプリントというものを製作し、それをはめて寝ることで舌の沈下を防ぎ、いびきを防止します。この治療は事前に医科での診断が必要となります。もし当院での治療をご希望の場合は、検査可能な病院をご紹介させていただき、その診断後に治療を開始します。

スリープスプリントQ&A

どの程度の効果がありますか?

下顎の位置を適切にすることで、無呼吸の頻度は減らせます。実際にスリープスプリント治療を行っている患者様は、酸素飽和度も改善され、無呼吸の回数も減少しています。

いびきを治したいのですが、スリープスプリント治療は可能ですか?

スリープスプリントは医科の依頼があって作製するものなので、まずは神経内科、耳鼻咽喉科、呼吸器科の受診や検査が必要です。検査する病院は当院でご紹介することもできますので、お気軽にご相談ください。

スリープスプリントは保険診療ですか?

基本的には保険診療で、口が閉じた状態で使う装置になります。なお、保険外診療にはなりますが、口の開け閉めができる装置を作ることもできます。

022-266-1510 メール 問診票 ダウンロード
一番上に戻る
東京歯科ブログ求人情報