審美歯科・ホワイトニング

審美歯科とは

審美歯科とは審美治療では、歯の形を整えて白くして見た目を美しくすることはもちろん、機能面にも配慮することが求められます。

保険診療による一般の歯科治療で重視されることはむし歯などの除去や失ってしまった歯の機能の回復ですが、審美歯科の場合は見た目や周りの歯との調和や機能性をとことん追求できます。当院では、最先端の歯科医療技術で審美面・機能面を兼ね備えた審美治療を行っております。

当院の審美歯科の特徴

審美歯科当院の審美歯科では、技工士の立ち会いのもとで患者様のご希望に沿った詰め物や被せ物を製作することが可能です。

また、金属アレルギーの心配がなく、型取りの必要もないセレックを1日でご提供できる他、比較的安価でセラミックをご案内しております。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

セレックでできること

メタルフリー治療

メタルフリー治療セレックは金属不使用で、身体に優しいという特徴があります。そのため、金属アレルギーの心配がありません。

約1時間で1本の治療が完了

約1時間で1本の治療が完了不快な型取りもなく、お口の中をスキャンするだけでその場でセラミックの歯を作るため、ほとんどのむし歯治療が1回で済みます。

天然歯と同じ硬さ

天然歯と同じ硬さ天然歯と同じ硬さなので、咬み心地がとても自然です。耐久性が高く、身体への負担もありません。

細菌の付着が少ない

細菌の付着が少ないセラミックは細菌が付着しにくいため、むし歯になりにくく衛生的です。特に、セレックのセラミックは粒子が細かく、表面がとてもなめらかでツルツルしています。

美しい口元で笑顔に自信

美しい口元で笑顔に自信誰かと会話する際に銀歯が気になるという方は多いです。セレックは歯の見た目を美しくし、あなたの笑顔をより素敵に彩ります。

むし歯になりにくい

詰め物でよく使われるレジンは接着の際に光を当てて固めますが、この時に収縮して隙間ができ、むし歯が発生することがあります。セレックは、こうした性質からむし歯になりやすいレジンの使用をなるべく少なくするために考えられました。歯とセラミックを接着剤で固定することで、むし歯の原因のひとつである隙間を作りません。

セレックを使ったビフォーアフター

Before

After

 

元々、隣の歯をセレックでセラミック治療にしたところ、隣の銀歯が気になってしまいまして、セラミックをご希望されました。

 

Before


ビフォー

After


 

通院の必要がない、1Dayトリートメント

セレックミリングマシン1Dayトリートメントは、患者様の通院回数の短縮に加えて、むし歯になりにくいというメリットがあります。

従来では、歯を削って仮の詰め物を入れ、数日後に改めて治療を行うというパターンがよくありました。しかし、そうした場合は仮の詰め物の接着阻害が起こったり、食事の際に仮の詰め物の部分に細菌が入ってしまい、細菌がいる状態で後日被せ物をし、その中が細菌で汚染されるという事態を招いていました。

1Dayトリートメントの場合は、歯を削った直後の無菌状態のままでセットするため、細菌が入り込むタイミングがなく、むし歯になりにくいのです。セレックは審美歯科治療のひとつではありますが、このような特徴から予防歯科としての役割も果たしています。

 

金属アレルギーのリスクとは?

金属アレルギーになると、全身性皮膚炎、頭痛、肩こり、舌炎、粘膜のただれ・発赤・腫脹、口内炎、手足の水泡、めまい、歯肉炎、味覚異常、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、紅斑といった症状が出ます。

その原因としてよく知られているのは、ネックレスや指輪などのアクセサリーでしょう。しかし、実はむし歯治療などで使われた金属の詰め物や被せ物でも金属アレルギーを発症することが多いのです。

保険診療でよく使われる銀の詰め物・被せ物の多くは、金銀パラジウム合金という金属で作られています。金銀パラジウム合金は、長期間使用すると劣化することがあり、金属はイオン化して溶け出します。この金属イオンが血中に取り込まれ、金属アレルギーの原因となります。銀の詰め物や被せ物が金属アレルギーの原因となることはまだあまり知られていないため、症状が出ても原因がわからないという方も多いようです。

当院では、金属の詰め物・被せ物を白いセラミック素材の歯に取り替えるメタルフリー治療を行っています。金属アレルギーにお悩みで、銀歯があるという方はぜひお気軽にご相談ください。

セラミック治療の流れ

Step.1 むし歯の除去、土台作り

金属(メタル)やプラスチック(レジン)を外し、むし歯をキレイに取り除きます。そしてセラミックの歯を被せる土台をつくります。

Step.2 セレックがお口の中をスキャン

セレックがお口の中をスキャン3Dカメラでお口の中をスキャン(撮影)します。型取りの不快感を味わうことなく、わずか数秒でお口の中の歯がモニターに映し出されされます。

Step.3 セレックが歯をデザイン

モニター上で、あらゆる角度から伵み合う部分や形を微調整して、理想的な歯の形にしていきます。歯のデザインができたら、さまざまな色のセラミックブロックから最も適した色のものを選びます。

Step.4 セレックが歯を削り出す

セレックが歯を削り出す機械(ミリングマシン)が設計データをもとにセラミックブロックを削り出します。診察台の脇でみるみるうちにセラミックの歯ができあがります。

Step.5 セラミックをお口にセット!

お口の中へ出来上がったセラミックの歯をセットして治療完了です。 2(スキャン)~5(セット)までにかかる時間は、たいていの場合、約1時 間程度です。症例により治療時間は異なります。

詰め物・被せ物の種類

インレー、ハイブリットインレー

金属インレーは保険適用です。ハイブリットインレーはさまざまな色があるので、患者様の歯の色調に合わせて作成できます

インレーインレー
ハイブリッドインレーハイブリッドインレー

 

メタルクラウン、ハイブリットジャケットクラウン

メタルクラウンは保険適用、ハイブリッドジャケットクラウンは保険適用外です。患者様のご希望によっては、ハイブリットクラウンの内面に金属を使用することもあります。

メタルクラウンメタルクラウン
ハイブリッドジャケットクラウンハイブリットジャケットクラウン

メタルボンド、オールセラミックス

保険適用外の材料です。内部に金属を使用し外側にセラミックを焼き付けて作成します。色のグラデーションを細かく調節することができるため、ご自身の歯に合った色彩を出すことができます。また、セラミックは透明度が高く、仕上がりがより自然です。周りの歯に色彩を合わせるために、治療前にデジタルカメラで写真を撮らせていただきます。

オールセラミックスは、実は全てがセラミックというわけではなく、内冠に酸化アルミニウムを使用しています。金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配がなく、高い透明度が出せます。

メタルボンドメタルボンド
オールセラミックスオールセラミックス

東京歯科のホワイトニング

ホワイトニング昨今、メディアなどでも取り上げられることが多くなったホワイトニングですが、病院で行うオフィスブリーチとご自宅で手軽に行えるホームブリーチがあります。当院ではホームブリーチを採用しております。自然な白さが蘇るので、清潔感アップにつながります。

なお、むし歯や歯槽膿漏、歯ぎしりがある方、無カタラーゼ症の方、お子様、妊娠中や授乳中の女性はホワイトニングができませんのでご了承ください。

むし歯や歯槽膿漏がある場合は、治療後であればホワイトニングが可能です。この場合はホワイトニング費用の他に初診料及び諸費用が加算されます。

ホームブリーチの流れ

ホームブリーチ

1お口の中の診査
2お口の中の型取り後、マウストレーの作成
3マウストレーに薬剤を入れてご自宅でホワイトニングを開始します。

※ホワイトニング終了から1~2年後に色調の後戻りが起こることがあります。この場合は薬剤のみご購入いただき、前回使ったマウストレーで再ホワイトニングを行います。マウストレーはホワイトニング後も大切に保管しておいてください。

022-266-1510 メール 問診票 ダウンロード
一番上に戻る
東京歯科ブログ求人情報