歯周病・予防歯科

国民病になりつつある歯周病

日本人の80%が歯周病です細菌によって感染する歯周病は、今や日本人の80%が罹患しているともいわれ、国民病となりつつあります。

歯周病菌が歯周ポケット(歯ぐきと歯の間)で繁殖すると、歯ぐきの健康状態が悪化し、歯を支えている歯槽骨という骨を溶かしていきます。そのまま放置すると歯ぐきは下がり、歯がグラグラして抜けてしまうこともあります。適切な治療で進行を食い止めれば、歯を失うリスクは減らせます。「この程度ならまだ大丈夫」と軽視せずに早めに治療しましょう。

歯周病が与える全身への悪影響

1心筋梗塞、狭心症

心筋梗塞、狭心症歯周病菌には動脈硬化を促す働きがあるといわれています。歯周病菌が血管を通って全身に巡っていくと、血管の内側に炎症が起き、動脈硬化につながります。その結果、血栓が作られやすい状態になってしまい、日本人の死因の上位となっている心筋梗塞や狭心症のリスクが上昇します。

2脳梗塞

脳梗塞歯周病菌は動脈硬化を促進し、血栓を作りやすくします。脳梗塞は、血栓が脳の血管の細いところを詰まらせて血液が流れなくなることで発生します。歯周病の人はそうでない人に比べて、脳梗塞のリスクが2.8倍高いというデータもあります。

3誤嚥性肺炎

健康であれば誤嚥が肺炎を引き起こすことはほとんどありませんが、高齢者や免疫力が低下している方は、歯周病菌から誤嚥性肺炎になりやすい傾向にあります。誤嚥は、食事や飲み物が食道ではなく、気管に入った時に起こるものです。この時、お口の中の歯周病菌も一緒に入ってしまうことで、誤嚥性肺炎が発症します。

4糖尿病

糖尿病インスリン(血糖値をコントロールする働きを持つ、膵臓から分泌されるホルモンの一種)の不足や働きが弱くなることで、血糖値が高くなるのが糖尿病です。糖尿病の人は、そうでない人と比べて歯周病にかかりやすく、重症化しやすいことがわかっています。糖尿病と歯周病は相互関係にあり、糖尿の数値が悪化すると歯周病も悪化し、逆に歯周病を治療すると糖尿の数値も改善されていきます。

5アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症歯の数が少なくなるほど、アルツハイマー型認知症のリスクが高まるとされています。歯のない人は20本以上歯がある人と比べると、1.9倍も認知症になりやすいというデータもあります。重度の歯周病は抜歯せざるを得ないこともあり、アルツハイマー型認知症を引き起こす可能性が出てきます。

6骨粗鬆症

骨粗鬆症骨粗鬆症になると、歯を支えている歯槽骨が弱くなります。歯周病菌の出す毒素によってその骨が溶かされてしまい、歯周病がどんどん進行することもあります。閉経後の女性は骨粗鬆症になりやすいため、注意が必要です。

7早産、低体重児出産

歯周病菌によってお口の中で炎症が起きると炎症性物質が分泌され、陣痛が早く起こってしまい、早産になる可能性があります。また、歯周病菌は胎盤を通じて胎児に影響を与えるといわれています。

歯磨きだけでは不十分!

歯磨きだけではむし歯・歯周病は予防できませんむし歯を予防するために、歯みがきは重要です。しかし、歯みがきだけでは完全なむし歯予防にはなりません。

なぜなら、むし歯・歯周病を予防にはプラークをきちんと除去することが必要であり、歯みがきだけではプラークを6割程度しか除去できないためです。プラークは白くて見えにくく、歯並びなどによっては磨きにくい箇所もあるため、磨き残しをゼロにするのは現実的に考えて難しいでしょう。

そうなると、お口の中には常にプラークが溜まってしまう箇所ができ、歯石になる可能性もあります。それを防ぐためには、ご家庭での歯みがきに加えて、予防歯科でのケアが必要です。

当院の予防歯科の特徴

当院の予防歯科の特徴むし歯になったら、歯科医院に行って治療すればいいだけ、と考えていませんか?

その場合、一時的にむし歯は治りますが、再発する可能性が高く、また歯科医院に通わなくてはなりません。それを何度も繰り返せば、歯はどんどん弱まっていきます。

そんな事態を防ぐために、当院の予防歯科では患者様にむし歯予防の知識を持っていただくことを重視しております。なぜむし歯になるのか、むし歯になりやすい食生活とはどのようなものなのかを知っていただくことで、歯に対する意識が変わり、ご自身の生活の中のむし歯の原因を取り去ることも可能です。

食生活の内容はもちろん、食べる速度や頻度、職業や家族構成によって、むし歯予防対策は変わってきます。カウンセリングを通して、患者様の生活スタイルの中でできる予防方法をアドバイスいたします。

予防歯科メニュー

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTC歯科医師・歯科衛生士が専用機器を用いて、歯みがきだけでは落ちない歯の汚れをキレイにしていきます。歯の表面に付着した細菌(バイオフィルム)やプラーク、歯石の除去、 歯肉のマッサージで歯と歯ぐきを健康に導きます。

ご自身での歯磨きだけでは除去できない汚れがとれると、むし歯や歯周病予防はもちろん、お口の中がすっきり・さっぱりとします。

PMCTはこんな人におすすめです
  • むし歯や歯肉の腫れはないが、お口の中をキレイに保ちたい
  • 矯正装置を使っていて、装置の周りの汚れなどが気になる
  • 被せ物やブリッジなどの歯のない部分もキレイにしたい

エアフロー

PMCTの効果をより高めるのがエアフローです。

アミノ酸の粒子をウォータースプレーで吹きつけることで、歯の表面に付着した頑固な歯垢やプラークを吹き飛ばします。歯の表面がツルツルになり、ステイン(汚れ)の再付着防止効果もあります。むし歯菌や歯周病菌の除去にもなるので、予防策としても非常に有効です。

口臭予防

PMTCやエアフローで歯の汚れを除去した後、口臭の原因となる舌根部の舌苔を除去します。加えて、ホームケアの方法についてもアドバイスいたします。

歯の汚れが気になる方

黄ばみ、ヤニ取りタバコのヤニ、コーヒー、紅茶、緑茶、ワインなどの着色汚れ、歯の黄ばみが気になる方はいらっしゃいませんか。

これらはPMTCでキレイに落とせます。タバコやコーヒーを嗜む以上はどうしても着色してしまいますが、PMCTを定期的に行うことでいつでもキレイな歯を保つことができます。

早期発見・早期治療は定期検診で

定期検診の大切さ歯科医院での治療を終えた方は「これでもう歯医者さんに行かなくてもいい」と考えがちです。しかし、ご自身による歯みがきのみでお口の中の全ての汚れを落とすことは不可能です。そのため、定期検診を受けずにいれば、また虫歯や歯周病になってしまう可能性が大いにあります。

定期検診を受けていれば、むし歯があっても初期のうちに発見することができ、治療も短期間で済むことがほとんどです。しかし、痛みを自覚するまで放っておいたむし歯の場合、治療に長い期間がかかったり、抜歯しなければならないパターンもあるなど、さまざまな負担がのしかかります。

もし抜歯しても、入れ歯などで補うことはできますが、やはり咬み心地などの機能面は天然歯にはかないません。ご自身の歯を維持するためにも、定期検診を受けてむし歯を早期発見・早期治療することが大切です。

当院には、3カ月から半年に一度のペースで定期検診に来られる患者様がたくさんいらっしゃいます。お口のトラブルを未然に防ぎ、健康的な毎日の中で楽しい食生活を送っていくためにも、定期検診にお越しください。

022-266-1510 メール 問診票 ダウンロード
一番上に戻る
東京歯科ブログ求人情報