初めての方へ

東京歯科のコンセプト

当院のコンセプト当院では、初診時または2回目の来院時に患者様のお口の中全体を診査し、むし歯や歯周病の有無、噛み合わせや顎の状態などを丁寧にご説明いたします。その上で、患者様の求める治療がどんなものなのか(痛む歯だけを応急的に治したい、むし歯を治して全ての歯をキレイにしたいなど)を伺い、治療計画を立てていきます。その際には、治療の種類やメリット・デメリット、期間や金額についてもお伝えします。

また、患者様の治療に対するご理解を深めていただくために、被ばく量が少なく鮮明に状況が把握できるデジタルレントゲンや、動画や画像を使って治療内容を説明できるコンサルテーションシステムを導入しています。こうすることで、徹底したインフォームドコンセント(説明と同意)を目指しています。

なお、治療は極力無痛で進めていきます。例えば麻酔が必要な場合は、針を刺す部分に表面麻酔を施した上で麻酔を行い、痛みを最低限に抑えるといった工夫をします。治療完了後はその状態を末永く維持していくことが大切です。そのために、リコール(年に2~3回のメンテナンス、予防処置、クリーニングなど)を行っていきます。

治療に当たっては、ドクターやスタッフが患者様と円滑なコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことも大切だと考えております。そのため、患者様とは治療に関すること以外にもさまざまなお話をして、お互いの理解を深め合うのが目標です。ドクターやスタッフがどういう人間であるかを知っていただくことで、治療の際の安心感につながれば幸いです。

歯の治療法の選択権は、患者様ご自身にあります。私達はそのための情報提供やアドバイスをし、治療を通して患者様の健康回復・健康維持のお手伝いをしていく存在です。症状によっては患者様のご希望に沿えない場合もありますが、私達にできることは精いっぱいやらせていただきます。歯やお口に関するお悩みがある方はぜひ当院までご相談ください。

歯科治療ってなぜ時間がかかるの?

東京歯科の基本情報例えば、風邪をひいた時に内科を受診すると、たいていの場合は診察して薬を頂いて終了ですよね。風邪は自己免疫で治癒させることが可能なため、病院で処方された薬などは自己回復のサポートという役割です。あとはゆっくりと休み、バランスのよい食事で栄養を摂れば治ることがほとんどでしょう。しかし、歯科医院の場合はむし歯があれば何度も通院しなければならないことがほとんどです。

そもそも、むし歯は風邪と違い、自然治癒しません。軽度のものであれば、フッ素塗布などにより進行抑制が可能ですが、それ以上進んでいる場合は悪化する一方なので、歯科医院で治療しない限りは治りません。

むし歯は、痛みを自覚する頃にはかなり進行しており、歯の神経までやられていることが多いです。歯を削って詰めるだけではなく、神経の処置も必要なので、時間がかかります。また、歯を削ると機能回復はもちろん、元の形に戻すために形を整えて詰めたり被せたりする必要があります。その被せ物も、それぞれの患者様に合ったオリジナルの物を作成しなければならないので、1~2回の通院では時間が足りません。

さらに、むし歯以外に歯槽膿漏などがある場合は、基本的に被せる前に歯槽膿漏を安定させることが必要です。被せるべき部分の歯茎が歯槽膿漏で腫れや出血があったりすると、きれいな型取りができず、しっかりとした被せ物が作成できないからです。となると、もしむし歯が4~5本あったとしたら、かなりの時間がかかってしまうことが想像できるでしょう。

何度も歯科医院に通院しなければならないのは、こうした背景があるためです。

1日にできる治療の限界

医科と歯科の大きな違いは、分業制がはっきりしているかどうかです。医科では、診断や手術はドクター、注射や点滴は看護師、レントゲンはレントゲン技師、血液検査は検査技師など、それぞれの担当に分かれています。一般外来でドクターがひとりの患者様にかかる時間は5~10分程度でしょう。

一方、歯科の場合は治療の9割以上を歯科医師が担当するため、ひとりの患者様の治療時間は平均で20~30分程度です。仮に治療台を3台使用したとして、治療の他に準備や片付け、カルテ入力などがあることも考えると、1時間の治療可能人数はだいたい3~4人程度です。ということは、1日の診療時間が10時間だとすると、治療できる患者様は30~40人が限界です。これ以上の人数を治療しようとすると、治療の質の低下を招く可能性が出てきます。そのため、むし歯が多ければ多いほど、何度も通院していただく必要があるのです。

年に1~2回の検診を受ければ、むし歯の早期発見・早期治療につながり、少ない通院回数で治療を済ませられます。痛みが出てから歯科医院に行くのではなく、日頃から予防を心がけ、大きな口内トラブルを抱えることのないようにするのがベストです。

保険診療と自費診療の違い

保険診療と自費診療一般的な保険診療とは、健康保険の種類によって負担割が決まっており、その一部負担金を支払って医療を受けることができるものです。

一方、自費治療では医療費の全額を患者様ご自身でお支払いいただきます。この2つの診療は以下の違いがあります。

保険診療

一般的な医療保険制度です。国保や社保といった種類によって、医療費の自己負担の割合が決まっています。患者様が3割負担または1割~2割負担(乳幼児や高齢者など)で、残りの7割~9割が各保険組合から医療機関に支払われるという仕組みです。

保険診療は、病気になっている状態で適用されるので、人間ドックなど病気を予防するためのものは自己負担になります。また、使用できる薬剤、材料、治療法が決められており、その範囲外の場合は保険がきかなくなってしまいます。

自費治療(保険外診療)

保険診療は材料や治療法に制限がありますが、自費治療の場合はそうした制約がありません。そのため、見た目の改善を目的としたホワイトニングや、快適性を追求した金属を使った入れ歯、インプラントなどは自費治療になります。自費治療は全額自己負担のため、どうしても高額になりがちです。また、料金設定はその医院が自由に決められるので、同じ処置でも医院によって値段が違います。

ただ、安価だからといって技術のない医院だとは言えませんし、高額だからレベルの高い治療をしてくれる医院とも限りません。自費治療を検討する際には値段だけで判断せず、実際に担当医に会って治療について説明してもらい、最終的にその病院で受けるかどうか決めることをおすすめします。

最初にお持ち頂きたいもの

  • 保険証
  • 服薬中であればお薬手帳

治療の流れ

1ご来院・問診票の記入

ご来院の際は保険証、あれば医療受給者証を忘れずにご持参ください。受付後、問診票をご記入いただきます。症状について詳しくお書きください。

2カウンセリング

お悩みや症状などについて詳しくお伺いいたします。リラックスしてお話しください。

3検査

歯や歯ぐきなど、お口の中がどんな状態になっているのか調べます。

4治療方針の説明

お口の状態と治療方針について説明いたします。ご希望がある場合は遠慮なくお申し付けください。治療方針についてご納得をいただけましたら治療に移ります。

5治療

患者様にご説明した内容に沿って治療を進めていきます。

6終了

ご家庭でのケア方法や日常生活での注意点などをお伝えし、必要に応じて次回のご予約をおとりいただきます。

院内紹介

入口医院入り口
待合室待合室
診療室診療室

設備紹介

デジタルレントゲンCTデジタルレントゲンCT放射線被爆量を従来のレントゲンよりも大幅に低減し、体への影響を極力少なくしたシステムです。また必要があればCTによりより正確な診断を行う事が可能です。
診療台でのCTによる説明システム診療台でのCTによる説明システム従来のレントゲンだけではなく、インプラントや親知らずの抜歯など、より詳細な情報が必要な場合は院内でCTを撮影することが可能です。
診療台でのPCによる説明システム診療台でのPCによる説明システムビジュアルで分かりやすい説明を心がけています。
  
生体モニター生体モニター外科処置を行う際や、基礎疾患をお持ちの患者様の治療の際には生体モニターによりモニタリングを行いより安全な治療を心がけています。
AEDAED緊急時にも対応できるようAEDを設置しています。
DACユニバーサル DACユニバーサル タービンという歯を直接切削する機器を洗浄滅菌するシステムです。短時間で滅菌が可能なシステムにより患者様ごとに必ず滅菌済みの機器を使用しております。
  
セレックシステムセレックシステム
セレックミリングマシンセレックミリングマシン

セレックシステムにより、従来の型取りを行い、後日セットという数日かかる治療が1日で終えることが可能です。

022-266-1510 メール 問診票 ダウンロード
一番上に戻る
東京歯科ブログ求人情報