金属アレルギーのリスクとは?

金属アレルギーのリスクとは?

金属アレルギーになると、全身性皮膚炎、頭痛、肩こり、舌炎、粘膜のただれ・発赤・腫脹、口内炎、手足の水泡、めまい、歯肉炎、味覚異常、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、紅斑といった症状が出ます。

その原因としてよく知られているのは、ネックレスや指輪などのアクセサリーでしょう。しかし、実はむし歯治療などで使われた金属の詰め物や被せ物でも金属アレルギーを発症することが多いのです。

保険診療でよく使われる銀の詰め物・被せ物の多くは、金銀パラジウム合金という金属で作られています。金銀パラジウム合金は、長期間使用すると劣化することがあり、金属はイオン化して溶け出します。この金属イオンが血中に取り込まれ、金属アレルギーの原因となります。銀の詰め物や被せ物が金属アレルギーの原因となることはまだあまり知られていないため、症状が出ても原因がわからないという方も多いようです。

当院では、金属の詰め物・被せ物を白いセラミック素材の歯に取り替えるメタルフリー治療を行っています。金属アレルギーにお悩みで、銀歯があるという方はぜひお気軽にご相談ください。

022-266-1510 メール 問診票 ダウンロード
一番上に戻る
東京歯科ブログ求人情報