治療への取り組み

なるべく痛くない治療への取り組み

レーザー治療

レーザー治療レーザー治療は、痛みの少ない治療法として知られ、むし歯や歯周病の治療、口内炎や知覚過敏などの症状緩和、詰め物・被せ物を入れる前などに有効活用されています。

レーザーをほんの一瞬照射し、水分を蒸発させてからむし歯の感染部分を取り除くことで、痛みを最小限に抑えています。また、かつては感染部分の周囲の健康な歯質まで削る必要があり、そのために痛みを感じることがありましたが、レーザーの場合は削る必要のない部分には触れることなく治療可能です。痛みに敏感な方でも安心して治療を受けていただけます。

表面麻酔

表面麻酔治療前の麻酔注射の痛みが苦手だという患者様は多いものです。しかし、麻酔注射の前の表面麻酔を行うことで、痛みや恐怖心を取り除くことにつながります。

極細の針(33G)

極細の針(33G)当院では、現在発売されている注射針の中で最も細い針(33G)を使用しています。注射の針は細ければ細いほど、刺す際の痛みが小さくなりますが、その一方で注射液を流す際の痛みが出やすくなります。そのため、表面麻酔をした上で、注射液を流す際の痛みの原因となる圧を加えないように細心の注意を払います。

歯は削ると元に戻りません

経過観察の徹底

経過観察の徹底むし歯の約70%は二次むし歯です。これは一度治療をした詰め物や被せ物の隙間から始まる二次的なむし歯で、治療を繰り返すと歯の寿命が短くなり、結果として歯を失うこともあります。

それを防ぐためには、できるだけ歯を削らずに経過観察を行うことが大切です。初期段階のむし歯は削らずに経過観察を続けるケースもありますが、強い痛みが出るようなむし歯は神経の治療や削ることが必要となります。歯を削らなくてもいいように、口内環境をキレイに保ち、定期検診を受けるなどの対策をとりましょう。

5倍速エンジン

5倍速エンジンどうしても削らなければならないむし歯の治療には、一般のコントラアングルよりも5倍の速度でむし歯を削ることができるタイプを使用します。そうすることで、歯を削る際に生じるブレや歯を削る量が少なくて済みます。

拡大鏡

拡大鏡肉眼と比べて約6倍に視野を拡大できる歯科拡大鏡は、患部をより鮮明に、くっきりと映し出します。歯の中の健康な部分とそうでない部分をしっかりと見分けられるので、歯を不要に削ってしまうことを防ぎます。

う蝕検知液

う蝕検知液むし歯が進むと黒色や茶色になると思っている方は多いですが、実は色だけでは判断できません。着色していても健康な歯もあれば、白いのにむし歯だったというケースもあります。

そこで役立つのがう蝕検知液です。むし歯をきちんと特定するためにむし歯のみを赤く染め出します。むし歯を除去する際に、う蝕検知液で染め出された赤を目印にして進めていくことで、むし歯の取り残しはもちろん、健全な部分まで削ることを防ぎます。

MIバー

MIバー歯を削るドリルにはさまざまなタイプがあり、小さいものほど細かい作業ができます。当院では、MIバー(MIという考え方から生まれた極小のドリル)を使用し、削る歯の量をなるべく少なく済むようにしています。

歯を残すために出来ること

ファイバーコア

ファイバーコアむし歯による歯の損傷が大きく、歯の根がなくなってしまった場合、被せ物(クラウン)を装着できないケースがあります。しかし、この場合でも「コア」という土台を歯の根に立てれば被せ物を装着することが可能です。

当院ではファイバーコアという、歯科用プラスチック(レジン)の土台をグラスファイバー製のピンで補強したものを使用しています。天然歯のようなしなやかさで、歯根を傷つけにくく、歯根破折予防になります。歯の大部分が崩れている場合にも有効です。

CT

デジタルレントゲンCTかつてのレントゲン検査では、病気を発見できないまま見過ごしてしまうというケースもよくありました。レントゲンは二次元の画像しか撮影できないので、歯の形状や長さが正確に把握できません。その上、映すことのできない箇所も出てくるため、状態をはっきりと確認することが難しいのです。

当院の歯科用CTは高精度で3次元的な診断が可能です。歯の形状や長さはもちろん、レントゲンでは見逃しやすい神経や歯根周辺の病気、そして骨が溶けているかどうかまでわかります。

根管治療

根管治療むし歯になっても根管治療で保存することで、元の歯と同じような咬む力をキープできます。しかし、根管治療後の経過次第では、被せた冠や義歯とともに歯が機能しなくなってしまうこともあるのです。

直経 1mm 以下と非常に細い根管は、硬い部分や曲がっている部分もあり、ここに器具を完全に通過させて形態を整える際には高度なテクニックが必要です。加えて、根管治療を成功させるためには、痛みや歯肉の腫れ、歯の外観をしっかりと確認し、X線写真や感染の状態の診査などを行うなど徹底的な検査がカギとなります。

歯を抜かないことによるメリットやデメリットをご説明

しっかりとした説明どんな状態でも絶対に歯を抜かない方が良いというわけではなく、中には歯を残すことでかえってリスクが高まる場合もあります。

歯根破折や骨吸収がある場合は骨がなくなってしまうため、歯を残すよりも早めに抜歯した方がメリットがあるケースもみられます。ただ、最終的に決めるのは患者様ですので、抜歯した場合としない場合のメリット・デメリットの両方を伝えた上で、ご自身の歯をどうするかを判断していただきます。

仙台市の東京歯科 基本情報

医院名 東京歯科
住所 〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央4丁目1−3
TEL 022-266-1510
022-266-1510 メール 問診票 ダウンロード
一番上に戻る
東京歯科ブログ求人情報

 

Hatena Blog