インプラントができないと言われたときは

骨が少なくてインプラントができないと言われた方へ

骨が少なくてインプラントができないと言われた方へ当院では、さまざまなインプラントをご用意し、骨が少ない方にも対応可能です。また、骨の量を増やすために以下のような骨造成手術を行って、インプラント治療が可能となる場合もあります。

ソケットリフト

インプラントを植立する際、上顎洞(顔の両側、頬骨付近の空洞)が近く、そのままドリリングを行うと、洞内に突き抜けてしまう可能性があります。ソケットリフトは、洞底の限界までドリリングを行い、洞内粘膜(シュナイダー膜)だけを挙上し、そこにβ-TCP(人工骨)などを填入することにより、骨に高さを出してインプラントを埋入する方法です。

リッジエクスパンション

ボーンスプレッダーという器具を使って、手指によるインプラント窩を段階的に拡大・形成し、不足している骨の幅を広げる方法です。骨が不足している症例に対して行われるGBRに比べて、より安全性が高いとされています。

抜歯即時インプラント

これまで抜歯後のインプラント治療は、傷口の治癒や骨の回復がある程度見込める時期になってから行われていました。

抜歯後は、骨吸収、骨の幅や高さの減少が起こります。そのため、抜歯した部分が治癒してからインプラントを植立する場合は、難易度が高くなることも珍しくありませんでした。さらに、骨吸収によって残っている歯とのバランスが崩れたことでインプラントの被せ物との調和がとれず、機能面の問題はなくても審美的に良いとはいえないという事態も起こり得ました。

しかし、最近では抜歯当日にインプラント治療ができるようになったのです。治療の際には、抜歯した穴とインプラント体のギャップを埋めるために β-TCPという骨補填材を使用します。その結果、患者様の通院時間の短縮が実現しただけでなく、抜歯から即時でインプラントが入るために骨吸収を防ぎ、より良い状態での回復が見込めるようになりました。ただ、進行度が強く顎の骨が著しく吸収している歯周炎や大きな根元の病気などがある場合は、抜歯後に骨の再生が確認できてからのインプラント埋入となります。

 

仙台市の東京歯科 基本情報

医院名 東京歯科
住所 〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央4丁目1−3
TEL 022-266-1510
022-266-1510 メール 問診票 ダウンロード
一番上に戻る
東京歯科ブログ求人情報

 

Hatena Blog