新着情報

2019.06.19

ECR

メタルの下は2次カリエス!

日本での歯科治療は金属ありき、世界でもかなりレアな治療方法です。

私も大学で学んだのは金属修復が基本でした

CERECを行うようになり、様々なことを学んだ結果、金属修復のデメリットを知り、失礼な物言いではありますが、自分の口の中にはもちろんのこと家族の歯科治療がもしあったら金属修復は選択肢にないなと思います

保険で対応可能ですから安価に治療が可能という利点はありますが、それ以外のメリットがありません

金属アレルギーの惹起

そもそも金属は歯と接着しておらずただひっかかっているだけなので新たな虫歯の温床になる(2次カリエス)

1回で終了しないため次回にセット時までに接着面が汚染され細菌を閉じ込めるような形で金属をセットすることからセットした瞬間から2次カリエスの温床になっている

審美的ではない

どんだけ精密にやったつもりでも模型を作って金属を作成している段階でセットするものに隙間がある

 

などなどデメリットしかありません

 

よく考えてください

必ず金属の下に虫歯が発見されませんか?

そもそもその金属は虫歯の治療のために入れたものではありませんか?

なのになんで治したところがまた虫歯になるんですか?

 

必ず金属の下は虫歯になっています。歯医者も見て見ぬ振り、厚労省も見て見ぬ振り

死なないしまた虫歯になっても削ればいいし、さらに進めば神経取ってしまえばいいし、それでもダメなら抜けばいい

ではダメじゃないですか?

通い始めたらいつまでもいつまでも無限ループで虫歯になるのはなぜですか?

 

全ての原因が金属だとは言いませんが、金属による修復はすべきではないと常々感じております

 

そんな金属を手軽に除去でるツールeasy crown removerなるものを購入

めっちゃ簡単に金属が外せます!

裏を返せばこんなに簡単にぽろっと取れる金属ってやっぱりなって感じです

 

国から認可されている治療の一環ですから否定はできませんが喜んでお勧めできないのも事実です

 

022-266-1510 メール 問診票 ダウンロード
一番上に戻る
東京歯科ブログ求人情報

 

Hatena Blog