虫歯とその予防

虫歯の分類

虫歯は大きく分けて4つのステージに分類されます。

軽度のものからC1~C4まであります。このステージにより症状も治療法も異なり、軽度なほど簡単に処置も行え、不快な思いもせずに済んでしまいます。しかし軽度なC1やC2はなかなか症状がなく気づきにくいものです。

つまり、軽度のうちに治療を行うためには年に2~3回程度の定期検診が重要な役割を担うわけです。

C1

エナメル質(歯の構造参照)に限局した虫歯で、痛みはなくわずかな着色や白濁したように見えます。この状態であればほとんど削る必要もなく、フッ素などの薬物による再石灰化を促し、なおかつ進行しないようにプラーク等のよごれが付着しないようしっかりと歯ブラシを行えば問題ありません。

C2

象牙質(歯の構造参照)まで進行した虫歯で、冷たいものや、温かいものがしみたり、食べ物が虫歯の穴に詰まると痛みを生じたりします。治療としては、虫歯の部分を削り、部分的な金属や白い詰め物などにより虫歯の部分を埋める方法が基本的な治療になります。

しかし最近では3Mix-MP法という薬剤による虫歯の無菌化を行い削らずに修復を行う治療もあります。(保健適応外)

また削る場合も、過去の歯科治療では修復する際に健康な歯質も削らないと金属などの維持が難しかったのですが、当院ではミニマムインターベンション(最小侵襲治療)という最低限の部分のみ削り、修復を行うということを絶えず意識して治療を行っております。

C3

虫歯が根の中の神経まで到達した状態で、ここまで進行すると激烈な痛みが生じてくることが多々あります。かなり大きな穴が開いてしまい、舌で触ればすぐに解るほどです。

治療は基本的に、麻酔を行い中の神経を取り除く処置を行い、最終的な修復物も大きくなり、被せなければならなくなることがほとんどです。

C4

虫歯により歯のほとんどが失われた状態で、神経もほぼ死滅しており痛みのピークを超えて無痛状態がほとんどです。しかし死滅した神経が原因で、根の先に病巣を作ることがあり、治療が困難になることがあります。

また、保存不可能な場合は抜歯に至ることもあります。

ページトップ

虫歯の原因

20~30年前と比較して、虫歯が原因で歯を失う人はだいぶ減ってきましたが、いまだに世の中から虫歯はなくなりません。そこで、虫歯ができる成り立ちを知るとその予防法がおのずと解ってくると思いますので、なぜ、虫歯ができるのか?ということを述べたいと思います。

左の図を見るとわかるように、虫歯(う蝕)になる大きな要素は歯質、細菌、糖分、時間の4つです。どういうことかというと、そもそも虫歯とは、細菌が糖分を食べることにより酸を排出し、その酸が歯を溶かすことにより起こります。

このことから、酸に対して強い歯か、弱い歯かという歯質、酸を出す細菌の数、細菌のえさとなる糖分の量、そして酸に侵食されている時間、この4つがポイントとなるわけです。

歯質は母体の中から赤ちゃんの頃の栄養状態や、遺伝的要因により決定してしまうものなので、大人になってから歯質強化をすることはできません。

細菌に関しては、ストレプトコッカスミュータンス菌という虫歯を起こす特有の細菌があり、この虫歯菌と砂糖が(あくまでも砂糖です!!これが重要!)接触すると、酸を作り歯を表面から溶かしていきます。この虫歯菌の塊がプラークといい、プラークに、更に虫歯菌や歯周病菌が付着することにより、虫歯や歯周病が進行していきます。

プラークは歯ブラシにより除去が可能ですので、日頃のブラッシングにより予防が可能になります。しかし、虫歯菌であるストレプトコッカスミュータンスを、口の中から完全に0にすることはできませんので、2~3日必死に磨くのではなく、食べたらしっかり磨くことが重要となります。

余談ではありますが、ごくまれに、虫歯菌の数が0ではないですが、極端に少ない方がいます。このような方は、虫歯になりにくい傾向があります。なぜ菌数が少ないのでしょうか?実は生まれてから、3歳くらいまでにほとんどストレプトコッカスミュータンスに接触しなかったためです。地球上で生態系のピラミッドというものがありますが、これと同じで口の中にも細菌郡のピラミッドが存在し、このピラミッドが出来上がるのが、だいたい3歳くらいまでとなり、このピラミッドの大きな部分をストレプトコッカスミュータンスが占めなければ虫歯になりにくい口腔内環境を作れるわけです。

ではどのようにすれば、ストレプトコッカスミュータンスに接触せずに幼少期を過ごせばいいのでしょうか?

・・・ものすごく簡単なことです!

ご両親や、おじいちゃんおばあちゃん等がお子様に食事を与える際、口移しや、自分の口に入れた箸など使ってお子様に食事を与えなければいいのです。内容は簡単なんですが、実際やろうとするとものすごく難しいことなんですけどねえ(^_^;)

よく診療室でお母さん方に、「私も虫歯が多いので、子供にも遺伝してこの子も虫歯が多いんですか?」と聞かれることがありますが、遺伝は関係ありません!確かに、歯質という意味では遺伝が関与しますが、上でも書いているように、虫歯のリスクが高い方はもともと虫歯菌を多く持ってますから、そのような人が子供に口移しなどで食事を与えればものすごい勢いでお子様にも感染が広がります。

恐るべし!虫バイキン(-_-;)

細菌だけで異常に話が長くなってしまいましたが、次は糖分についてです。虫歯菌は砂糖と反応しますので、(ブドウ糖や果糖など色々な糖が含まれます)砂糖を摂取しなければいいんですが、それは無理ですので、極力砂糖の量を減らすこと。飴など口の中にずっと残るようなものを食べないことが重要です。

最後に時間ですが、上にも記載しましたが砂糖が口の中に滞在する時間が長ければ長いほど、虫歯になるリスクが高くなります。また虫歯菌の塊であるプラークを長時間口の中に残さず食べたらすぐ磨くことが重要です。

まとめ
1.虫歯を予防するためには極力砂糖を食べないようにすること!
2.飴やキャラメル等の口の中に長く残る物は食べないようにすること!
3.食べたらすぐ歯磨きをすること!
4.だらだら食いはしないこと!

ページトップ
お問い合わせ
ブログ ~医師のひとり言~