睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群とは寝ている間に、気道の閉鎖や舌の咽頭への沈下が原因で呼吸が停止する病気です。一晩(約7時間)の睡眠中に10秒以上の呼吸停止が30回以上おこる。又は、睡眠1時間あたりの呼吸停止や低呼吸数が5回以上おこる状態をいいます。

症状として、起床時の頭痛、倦怠感、昼間の異常な眠気などがあり、大事な会議中に寝てしまったり、車の運転中に寝てしまったりなど生活に影響を及ぼします。

基本的に治療は耳鼻咽喉科や呼吸器科での治療がメインになりますが、歯科でも一部治療を行うことがあります。呼吸器科などで検査をしてもらった結果、舌の咽頭への沈下が原因であると診断された場合、歯科でスリープスプリントという口の中に装着するものを製作し、それをはめて寝ることにより舌の沈下を防ぎ、いびきを防止する治療です。

この治療は保健上決まりごとがあり、必ず医科での診断が必要となります。もし当院でのSASの治療をご希望とされる場合は、適切な病院にご紹介させていただき、その診断の後にスリープスプリントを作成することになりますので、ご了承ください。

ページトップ
お問い合わせ
ブログ ~医師のひとり言~