親知らずについて

親知らずとは3番目の上下の大臼歯のことで智歯とも言います。語源は、20歳を過ぎてから生えてくるため、親が知らない間に生えてくる歯、という意味合いから親知らずという俗称で呼ばれています。

この親知らずは皆さんご存知のように、何かとトラブルが頻発しやすい歯です。多くのトラブルは歯茎が腫れる、膿む、虫歯になる、歯並びが悪くなる、といったものが一般的です。又それ故に抜歯にいたることも多いのですが、抜歯後に顔が腫れたり、疼痛がでることもあります。

では何故トラブルが起きるのでしょうか?それは、親知らずの生え方と、口の中の環境に起因します。現代人は顎が小さくなってきており、その反面、歯の数や大きさに変化はないので、どうしても親知らずが生えてくるスペースが足らなくなり、斜めに生えてきたり、完全に横向きのまま埋まっていたりといった状況が多く、そのため汚れがたまりやすく、磨きにくいといった環境になります。結果虫歯になったり、歯茎が腫れたりといったトラブルを起こすのです。又しっかり生えたとしても、口の中の一番奥に位置する歯なので、歯磨きがうまくいかず、虫歯になる場合もよくあることです。

更に斜めや横向きで生えてくると、手前の歯にあたり、前方に向かって力がかかるので、歯の移動が起こり歯並びが悪くなることもあります。

レントゲン上でピンクで囲っている歯が親知らずです。Lが左でRが右となります。上の親知らずに関しては問題なく生えていますが、下の左右の親知らずが左は横向きで、右が斜めに生えているのがわかります。このような場合、手前の歯との間に汚れが堆積し、上記のような問題が発生します。又手前の歯にぶつかっているためこのまま放置しておいても生えてくることはありません。

稀に何らかの理由により、手前の歯が抜歯となった場合、引っ掛かりがなくなるため親知らずが生えてくることもありますが、横向きになっているのできちんと上を向いて生えてくることは少なく、矯正力を使って、正しい方向に修正していかねばならないことが多々あります。

特に何の問題もなければ、無理に抜歯を行わなくても良いかもしれませんが、よく腫れたり、虫歯になっているのであればやはり抜歯を考えたほうがよろしいかと思います。

ページトップ

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯は、その生え方や状態により難易度が変わります。簡単なものほど抜歯後の痛みや腫れは少ない傾向があります。


例えば上のレントゲンのL側の下の親知らずは、物理的にそのまま抜歯することはできないため、歯茎を切開し、歯を2~3分割にして抜歯を行います。

又その際、骨がかぶっているようであれば骨を削る必要もあり、基本的に骨を削ると腫れが強くなる傾向があります。

更にこのような状態で虫歯になっていると、歯自体が柔らかくなっているため抜歯が困難になり、骨の削除量が増したり、分割回数が増えたりするので、より困難な抜歯ケースとなります。


抜歯を行う時期ですが、抜歯を考えているならば早いほうがよいと思います。(但し、痛みがある時は抜歯を行わず、抗生物質等により炎症を抑えた後に抜歯となります。)若い方ほど骨が柔らかく抜歯が行いやすく、尚且つ治癒も早いためです。

特に女性は妊娠中、ホルモンバランスの変化等により親知らずが炎症を起こす傾向があり、時期にもよりますが、薬が使用できなかったり、勿論抜歯も不可能な場合があり、洗浄だけして我慢していただくしかないことがあるため、早めの抜歯がおすすめです。


極稀にですが、親知らずの抜歯によるトラブルもあります。

例としては、抜歯後の感染症や術後出血、痛みが強い、といったものから、抜歯後の知覚麻痺や味覚の消失というものがあります。下のレントゲンの親知らずと重なる薄い白い線が見えると思いますが、これは下歯槽管(カシソウカン)といい、歯や歯茎、頬等の知覚を司る神経が走っている管で、術中に傷をつけてしまったり、親知らず自体が最初からこの管に触れているようなケースの抜歯を行うと、知覚麻痺が起こることがあります。

下歯槽管と親知らずが重なっている場合、別途CTを撮影させていただき、より詳しい診断の元抜歯を行います

右側のレントゲンがCT画像で水平断とは床と平行にスライスした画像で頭の真上からみた画像です。矢状断とは横顔の断面、前頭断とはお腹から背中にスライスしたものとなります

矢印の部分が下歯槽管で親知らずの根の部分が接触していることがわかります

ページトップ

親知らずの活用

移植

分割してバラバラにしないで親知らずの抜歯が出来ることが条件になりますが、他の歯を失った場所に抜いた親知らずを移植することが可能な場合があります。あくまでも抜いて直ぐ移植しなければなりませんし、移植する親知らずと、移植される側の骨の条件が揃えば可能です。

歯の再生

完全に出来上がっていない親知らずの細胞を使用して、培養し、歯を作る研究が最近行われており、近い将来歯を再生し、ご自分の細胞からできた歯を埋め込むことが可能になるようです。各歯科大学でこのような研究を現在おこなっているようです。

ページトップ
お問い合わせ
ブログ ~医師のひとり言~